フレークタイプのキャットフード

画像の説明

フレークタイプのキャットフードは、多くが魚系を原材料としており、素材を活かしたつくりになっています。
素材をそのまま缶に詰めたという感じです。
素材の風味や味わいが残っており、食感がよく、充分な満足感があります。
ウェットフードの中では比較的に安価で、種類も多く販売されています。
総合栄養食や一般食、栄養補完食、副食などがあり、使い分けができます。
総合栄養食は、猫に必要な栄養素を配合していますので、新鮮な水と一緒に与えるだけでも充分です。
また、嗜好性が高いため、食欲の落ちた猫のドライフードのトッピングとして、ドライフードと混ぜて与えると、食べてくれる可能性が高くます。
一般食や栄養補完食、副食などは、猫に必要な栄養分を満たしてはいません。
そのため、主食として与えるのではなく、総合栄養食と同様にドライフードのトッピングやドライフードに混ぜて与えます。
また、栄養成分があまり含まれておらず、カロリーも低めですから、おやつとして与えることもできます。
水をあまり飲まない猫の水分補給にもなります。
種類が多いため、時々違ったものを与えると嗜好性もよく、主食の補助としても、水分補給にも優れています。
さらに、総合栄養食も一般食も、たくさん食べる猫の肥満防止や、すでに肥満体形の猫のダイエット食として利用できます。
総合栄養食は必要な栄養成分が含まれていますので、そのままでも効果は期待できますが、一般食はドライフードを少なめにして、フレークタイプのキャットフードをやや多めにすると、カロリーは抑えめでも、満足感のある食事ができます。
徐々に体重は落ちていきます。

しかし、缶詰にしてもパウチにしても、一旦開封すると鮮度が落ちていきますので、時間がたつと食べてくれないことがあります。
冷蔵庫に保存しても傷みが遅くなるだけで、鮮度は落ちていきます。
開封したら、できるだけ1回で食べてくれるサイズを選ぶか、1日のうちに食べきるサイズのものを選びます。
小さい方が割高ですが、大きいものを買っても捨てるのであれば同じことです。