ドライキャットフードの特徴

画像の説明

ドライキャットフードは、猫に必要な栄養素をバランスよく配合した総合栄養食です。
これだけ与えても必要な栄養分を充分に摂取できるように作られています。
含有水分量が10%程度と低いため、長期保存が可能です。
直射日光を避け、湿気の少ない戸棚など、適正な保管方法は必要です。
価格的にも安価であるため、安売りなどでまとめ買いができ、買い物の手間が省けます。

また、歯ごたえ、噛みごたえもありますので、猫の顎を鍛えることもできます。
元来猫は肉食動物ですから、歯は獲物を小さく噛み分けて呑み込むものです。
この噛むことによる刺激は、強い骨格の形成や健康にとっては大切なことです。
また、ドライキャットフードの硬さが、歯石や歯垢を取り除き、着きにくくする予防効果があります。
ドライキャットフードでも歯石はつきますが、付着するのを軽減したり、軽度のものを除去する働きもあります。
歯石や歯垢を放置していると、口内炎や歯肉炎を引き起こす原因となります。
ある程度の大きさや硬さを持ったドライキャットフードは、噛み砕く際に、歯石や歯垢を除去することが期待できます。
また、その作用を高めたドライフードも市販されています。
価格は少し高めですが、歯が悪くなった時の猫の苦痛と病院にかかる費用を考えると高いものではありません。

老猫や病気の猫に対しても、そのままでは食べられない状態であれば、水や水分の多いウェットフードでふやかして食べさせることもできます。
病猫に粉薬を与える際には、水でふやかし、ペースト状にしたドライフードに粉薬を混ぜて与えることもできます。
自分で食べようとしなくても、少しゆるめのペースト状にしたフードを注射器を使って与えることができます。
総合栄養食ですから栄養補給も十分です。

このようにドライキャットフードには、多くの利点がありますが、含有水分量が10%程度しかありませんので、そのまま与える際には、新鮮な水と一緒に与える必要があります。
猫は尿路結石や腎臓病になりやすい傾向がありますので、水の補給は重要です。